アレルギー症状に向き合う人達

汗や鳥でアレルギーが起こることもある

 アレルギーの中には、汗アレルギーというものもあります。アトピー性皮膚炎の患者の80%に起きています。普通の人の肌にも常在しているカビが生みだすタンパク質が、汗で皮膚に溶け込むためにアレルギー症状が引き起こされます。アレルゲンはタンパク質であり、外部から入り込んだタンパク質を、免疫細胞が異物として攻撃することでアレルギー反応は起きますが、汗アレルギーでは、一見自分の汗に反応しているようにも見えます。しかし、実はカビの出すタンパク質がアレルゲンとなっているのです。予防するためには、汗をかいたらなるべくすぐふき取るか、シャワーで洗い流して、カビのタンパク質が体内に侵入するのを防ぐことです。アトピー性皮膚炎の患者の汗には、通常の人よりニッケルの量が多いとされています。ニッケルはそばやココナッツ、チョコレート、ココア、コーヒーなどに多く含まれていますので、こうした食品を控え、汗の成分を変えていくと、症状の緩和に役立つ可能性があります。
 鳥の羽や糞でアレルギーが起こることもあります。羽や糞の一部が細かいちりとなって空中に飛散し、それが体内に侵入してアレルゲンとなり、症状が出ますので、鳥アレルギーのある場合は、鳥の飼育などは止めるか、人に任せるかして、なるべく接触しないようにすることが大事です。それまでしばらく関わっていて何事もなくても、体内でアレルゲンに対する限界値を超え、急に重篤な症状が出る場合もあるので要注意です。そうした場合はアナフィラキシーショックを引き起こす危険もあります。徐々に症状が出る場合は、始めは微熱と咳程度で、風邪と思っていることもあるようですが、咳が長引いて悪化するときは注意が必要です。